読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっこり あーと はうす -臨床美術-

臨床美術士として京都で活動しています。保育士。絵画教室講師。親子アートなどのワークショップをしています♪絵画制作はライフワークです。

こども展

f:id:maminism:20140906184134j:plain

大阪市立美術館でやっている こども展 へ行ってきました。

どちらかというと、美術館へ足繁く通う方ではないのですが。。。

自由制作と卒業制作を前に、さすがに勉強しておかないと!と、出かけることにしました。

子どもは私の興味あるテーマの一つで、図書館などではなかなか見つからない図版なので。

一番心動かされたのは、ウジェーヌ・カリエールの『病気の子ども』。

目の前で見ていると、絵の中に吸い込まれて行きそうになりました。

カリエールの息づかいを感じるようで、感動しました。

ウジェーヌ・デュレンヌの『身だしなみ』は、可愛らしい絵で、欲しい!こんな絵が描きたい!!と思いました。お気に入りの一枚。

それから、

テオフィル・アレクサンドル・スタンランの『人形を抱く子ども』、

グザヴィエの『ヌマとボール』、

コンスタン・ル・ブルトンの『シャボン玉』、

レオナール・フジタの『機械化の時代』

などなどが、印象的で、参考になりそうな感じでした。

行ってよかったです。

勉強になりました。