読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっこり あーと はうす -臨床美術-

臨床美術士として京都で活動しています。保育士。絵画教室講師。親子アートなどのワークショップをしています♪絵画制作はライフワークです。

花について 覚え書き

今回のスクーリング、花が題材です。

花とひたすら向き合い、ドローイングを重ねていきます。

私は花の色や、花びらには全く興味がないようで、

茎の生え方や枝の生え方、茎の模様に興味があるようです。

あとは、実の付き方とか。

これを、後半の油彩制作にどうつなげるのか。。。

できれば、自分自身の「子ども」というテーマともつなげたい。

欲張りすぎかな??

なぜ、茎に魅力を感じるのか。

それはたぶん、その花が生きてきた奇跡を感じられるのが茎だから。

カーブとか、節とか、そこに刻まれたあざのような傷のような模様、そこから生える産毛。

茎から順に伸びていく枝。

そういう、生きた奇跡に魅力を感じているんだろうな。

それに、茎は花の芯の部分だと思っているから。

でも、それをどう子どもと結びつけるのか。。。

無理矢理感が出るのは嫌だしなぁ。

今回は純粋に花をモチーフにしようかな。

少し悩んでみます。