読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっこり あーと はうす -臨床美術-

臨床美術士として京都で活動しています。保育士。絵画教室講師。親子アートなどのワークショップをしています♪絵画制作はライフワークです。

子どもにアートを指導する方法について考える。

全く制限せず、好きに自由に描いてね~。造ってね~。ていうやり方。

子ども自身に描きたいもの、造りたいものがある場合は、それでいいんだと思うけど。。。

ある程度の制限は必要だと思う。テーマとか。

基本の材料、道具とか。

時間とか。。。?

完成させることは必要か?

どこまで口を出すのか?

手を出すのか?

子どもにもよるよなー。

自分でやりたい、できる子は自由にさせるべき。。。?

でも、やりたくてもできない子とか、何をどうすればいいかわからない子とかは。。。?

やる気のない子には。。。?

子どもに合わせるしかないんだけどね。

子どもが求めているものは何か。

今この子に必要な手立ては何か。

それを見極めるのが難しいなー。

押したり引いたり。

引いたり押したり。